ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

アニメ「ケムリクサ」 7話 感想

アニメ「ケムリクサ」の7話の感想です。ややネタバレ注意。

6話の感想はこちら

 ▽七島「ケムリクサの樹」

 

 前回、七島……「ケムリクサの樹」に辿り着いた一行。

 この近くに水がある期待大……! といった感じでしょうか。

 彼らは大きな根の上に降り、どんどん進んで行きます。

 

 霧は赤くない……ですが、かなり高いので気は抜けません。

  

 三姉妹は平気そうですが、「わかば」はいつも通りビビりまくり。

 

 自分は高い所苦手なので……、今回は「わかば」に共感します。

 だって落ちたら即死ですからね。怖いでしょ。

 

 

▽立ちはだかる青い壁

 

 湖を目指す一行。

 彼らの前に、分厚い青い壁が立ちはだかります。

 

 「りん」や「りな」の攻撃でもビクともしない頑丈さ。

 これはかなり骨が折れそうです。

 

 しかし「りん」は諦めず、「本体」を使うしかないなと言って、全力の構え。

 「りつ」は止めますが、水も残り少ないからと、彼女は制止を振り切ります。

 

 どうなるのか……。

 

 と思った時! 突如、壁が発光!

 青い煙が噴き出します!

 

 これは……攻撃を受けたからでしょうか。

 煙の影響か、近くにいたムシが青く光り始め、一斉に動き出します。

 三姉妹は戦闘態勢へ!

 

 これは……アカムシと同様襲って来ている……いや、壁を守ろうと動いているような気がする。

  

 とにかく数が多く、対処に苦しむ「りん」。

 

 そんな時、「ケムリクサ」と同じような反応を見せた壁を、「わかば」が操作。

 内部への入り口を作り出すことに成功します!

  

 三姉妹と「わかば」は急いで中へ!

 

 

▽青い壁の中には……

 

 壁の中に避難した一行。

 入り口を閉じたので、ムシは一匹も入って来れません。

 「りん」が全力を出そうとしていたところを、「わかば」の御蔭で難なく突破出来ました。

 三姉妹も「ケムリクサ」の正しい使い方を覚えればいいのに……。

 まぁ彼女らは頭使うの苦手そうだし、無理か……。

 

 

 ……さて、彼らは青い壁の中を進んで行きます。

 

 この先にはもしかし……うおお!

  

 水! 水がある!

 

 遂に水を発見した一行。

 皆大喜び。

 

 良かった。これでハッピーエンド……。

 

 になる訳ないな。

 気を緩めては駄目……。

 絶対何かあるぜ……この先。相当ヤバい何かが……。

 

 

▽新しい拠点

 


Episode.7

 

 アカムシの入ってこない頑丈な壁の中――。

 生きる為に必要な大量の水――。

 

 三姉妹にとってこれ以上の場所は無いでしょう。

 ここを新たな拠点とするようです。

 

 しかし、まだ完全に安全とは限りません。

 「わかば」と「りん」は、周りを調べに行きます。

 

 その途中、「りん」は「わかば」に対して、「わかば」がきっかけになってここまで辿り着けたと、またちゃんとお礼を言ってくれます。

 

 しっかり礼を言えるのは良いことだ。

 

 しかし、良い雰囲気に水を差す異音。

 どうやら壁の向こう側から聞こえてくるようです。

 

 

▽向こう側の様子

 

 音が気になり、反対側の壁を開けてみた「わかば」。

 

 そこには衝撃の光景が……!

 

 なんと大量のアカムシ!!

  

 「ケムリクサの樹」をじわりじわりと破壊しています!

 これは……かなり良くない……。

 

 

▽「赤い根」

 

 アカムシや赤霧を発生させていた「赤い根」。

 「りつ」によると、破壊しても再生する根を何とかするには、本体の幹にある核を破壊する必要があるとのこと。

 

 「りん」は、それは危険すぎると判断したようで、水を回収して安全な所に戻ろうと提案します。

 しかし、とても悔しそうな表情。

 

 「わかば」はそんな「りん」を見て、本当はどうしたいかと聞きます。

 

 

▽自分の思いを語る「りん」

 

 「わかば」に言われ、本心を語り出す「りん」。

 

 原因を見つけて何とかしたいと、皆が不安に怯えず暮らせるようにしたいと。

 

 しかし、自分の所為でまた仲間を死なせてしまうんじゃないかと、これ以上良いことはないんじゃないかと言って、「りん」は俯きます。

 

 そんな「りん」を、「わかば」や他の姉妹は励まし――。

 

 全員で「赤い樹」の核の破壊に向かうことになります……!

 

 

▽赤い根を辿った先

 

 次の目的地は「赤い樹」。

 

 彼らは覚悟を固め、青い壁の外へ!

  

 ここから大量のアカムシ達との戦いが始まることでしょう……。

 OPのシーンにもありましたね……。

 

 果たして犠牲者0でラストを迎えられるのか……。

 

 (どこかで「りく」達が駆け付けてくれないかな……)

 

 

▽7話を見終わって

  

 ラストダンジョンは「赤い樹」か!?

 「ケムリクサの樹」の中で安心安全に暮らす為、三姉妹と「わかば」はアカムシの蔓延る地へ!

 

 大量の水で補給は十分!

 大量の「ケムリクサ」で攻撃・防御手段も十分!

 

 う~ん……、なんか戦闘前に随分用意してくれましたね……。

 これならだいぶ行けそうな予感がする……。

 

 

 あ~……でも、気になるんだけど、「わかば」って水だけでも生きられるのかな?

 ほんとに人間だとしたら……水以外に食べ物がないとキツくない?

 

 どうなるんだろ……。

 

 まぁここまで大丈夫だったし、あんまり気にすることでもないのかな?

 正体は植物の擬人化みたいなものかもしれないな……(適当)。

 

8話の感想はこちら

 

 


ケムリクサ 2巻[中巻] [Blu-ray]