ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

アニメ「遊戯王VRAINS」 91話「誇り高き乙女」 感想

アニメ「遊戯王VRAINS」の91話「誇り高き乙女」の感想です。

前回の感想はこちら

 

▽「ボーマン」VS「ブルーメイデン」パート2

 

 完全体と化した「ボーマン」と「ブルーメイデン」のデュエルの続き。

 

 ブルーメイデンたった2回、効果ダメージを与えられないってだけ。

 

 戦術を読まれていても、めげない「ブルーメイデン」は、《クリスタルハート》のリンク先にモンスターを特殊召喚し――。

 

 あっという間に《インターフェアレンス・キャンセラー》の効果を失わせます。

 

 しっかし、初期ライフ4000なのに効果ダメージ量ヤバいな……。

 もう8000でいいんじゃない? アニメも。

 

 

▽「ボーマン」の策

 

 意地でも効果ダメージで決着を付けようとする「ブルーメイデン」。

 それに対し「ボーマン」は手札のモンスター効果で《インターフェアレンス・キャンセラー》を回収し再セットーーそして再発動します。

 

 う~ん……これでまた3回効果ダメージが無効……。

 

 ボーマン言った筈だ。お前の考えることなど全て見通していると。

 

 完全にメタられ……いや、舐められている「ブルーメイデン」。

 彼女は場を整えた後、ターンを終了します。

 

▽「アクア」の疑問

 

 次、「ボーマン」のターン。

 

 ではなく、その前に「アクア」が「ボーマン」に対し疑問をぶつけるターン。

 

 弟の「ハル」を倒した自分達に何故憎しみをぶつけてこないのかと。

 「ブルーメイデン」の言う通り感情が無いのかと。

 

 そう聞かれた「ボーマン」。

 彼は、「寧ろその逆だ」と答えます。

 

 「ハル」が倒されたことで怒りや憎しみ、悲しみを知った「ボーマン」。

 御蔭で更なる飛躍を遂げることが出来たと、彼女達に感謝します。

 

 なんか……ちょっと人間とズレてますね……。

 「ブルーメイデン」は軽く引きます。

 

 ブルーメイデンアイツは何を言っているの?

 

 

▽リンク4モンスター

 

 話は終わり、「ボーマン」のターン。

 

 彼はリンク4モンスター《テッセラクトハイドライブモナーク》をリンク召喚します。

 

 また新しい《ハイドライブ》……!

 

 このモンスターは攻撃した時、相手に自身のフィールドからモンスター1体を墓地へ送らせる効果を持っているようです。

 これはプレイヤーに対する効果なので、効果を受けなくなっている《クリスタルハート》にも効いてしまいます。

 

 更に《テッセラクトハイドライブモナーク》は、相手モンスターが墓地に送られた時、もう1度攻撃できるとのこと。

 

 この恐ろしい効果に、「ブルーメイデン」は追い詰められ……。

 

 目から光が消えます!

 

 もう何も手が無いというのか……。

 

 

▽兄の声

 

 「ブルーメイデン」のデュエルを映像で見ていた兄の「財前 晃」。

 彼は様子のおかしい妹を見て、「諦めるな!」と叫びます。

 

 勿論、その声は届く筈もありませんが……。

 

 「ブルーメイデン」は兄のことを思い出し、まだ手があることに気付きます。

 

 自分のモンスターを除外する罠を発動し、モンスターが墓地に送られるのを防ぎました。

 

 ……その方法は普通に気付きそうなものだけどな……。

 緊張で見落としてたのかも……。

 精神が不安定だな「ブルーメイデン」……。心配だ。

 

 

▽《海晶乙女(マリンセス)》のエース

 

 「ブルーメイデン」の、恐らく最後のターン。

 

 彼女はリンク4の《海晶乙女》、《ワンダーハート》をリンク召喚。

 

 墓地の3体のリンクモンスターを装備し、攻撃力を強化し――。

 《テッセラクトハイドライブモナーク》を戦闘破壊することに成功します!

 

 そして戦闘終了時に装備している《海晶乙女》1体を特殊召喚

 

 「ボーマン」へトドメの直接攻撃を宣言!

 

 凄く良い流れ……だが、体装備した辺りから嫌な予感がしてたんだ……。

 

 

▽確定した勝利

 

  「ブルーメイデン」のトドメの一撃によるダメージを伏せカードで軽減した「ボーマン」。

 

 ボーマン私の勝利は確定した。

 

 そう言います。

 

 「ブルーメイデン」は諦めていませんが、ターンエンドしてしまい……。

 

 

▽「ブルーメイデン」の最期

 

 彼女は攻撃力を倍にして蘇る効果を持っていた《テッセラクトハイドライブモナーク》の餌食に……。

 《裁きの矢》があるので、戦闘時には12000。

 

 前述した効果も生きてるので、「ブルーメイデン」は防ぎ切れず、ここで倒れてしまいます。

 

 しかし、最後まで全力で戦った彼女に、「ボーマン」は賛辞を述べ、大事な者との別れをプレゼント。

 

 その場に呼ばれ、消えていく妹を抱きしめる「財前 晃」……。

 

 また別れることになるとは……。

 

 1回目は電脳ウィルス……、2回目は「スペクター」とのデュエル、3回目は「ボーマン」とのデュエルときた……。

 

 流石に慣れちまったよ……悲しみに……。

 

 (4回目もくる?)

 

 

▽次回「大いなる試練」

 

 次回はようやく「Playmaker」様のデュエル!

 待ってましたよ……。

 今年に入ってずっと主人公以外のデュエルだったので……嬉しい。

 

 「スペクター」の次に自分が好きなキャラなんですよね「Playmaker」。

 ちょっとAIっぽいところがあって人間味が薄いけど……、歴代の主人公の中じゃ一番見た目が気に入ってます。かっこ良い。総合的には「遊星」より劣るけど……。

 

 さて、彼の相手は誰か……。

 「ライトニング」と「ボーマン」しか残ってないから……。

 

 ここで「草薙」さんだよ!

 

 「ライトニング」の奴、ここで人質作戦!

 

 次回「Playmaker」VS「草薙翔一」!

 

 OPに対立を匂わせるシーンがあったので、いつか来ると思ってましたけど……。

 また未OCGテーマが増えそう……。

 

 たまには既存のカードを使ったデュエルが見たいな……。

 

次回の感想はこちら

 

 

 当ブログではキャラデッキやネタデッキレシピを公開しているので良ければどうぞ。

デッキレシピはこちら

 

 


遊☆戯☆王VRAINS DUEL-7 [DVD]