ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

PS4ソフト「神獄塔メアリスケルター2」プレイ日記その6(完)「恋獄塔」

PS4ソフト神獄塔メアリスケルター2」のプレイ日記その6です。

今回は予約特典恋愛ADV恋獄塔めありーすけるたー」をプレイした感想になります。

ネタバレはいつも通り控えめ。

短編

 

 「恋獄塔 めありーすけるたー」プレイ終了!

 いや~、短かったです! 短かったので全員のルートやりましたよ。

 

 自分の攻略順番は、「アリス」→「グレーテル」→「赤ずきん」→「親指姫」→「白雪姫」→「眠り姫」→「かぐや姫」→「シンデレラ」→「ラプンツェル」→「ハーメルン」です。

 

 はい、やっぱり「つう」は攻略できませんでした……。

 一応、隠しルートとして「つう」と「人魚姫」の話はあったんだけど……、本編と同じく二人のいちゃいちゃを見せつけられるだけで……特に「ジャック」との絡みはありませんでした……。残念……!

 

 見たかったなぁ……修羅場……。

 

主人公「ジャック」とヒロインの関係

 

 「アリス」→幼馴染。

 「赤ずきん」→先輩の風紀委員。

 「白雪姫」→同学年で科学部所属。

 「眠り姫」→同学年。よく花壇の花の世話をしている。

 「親指姫」→同学年でバレーボール部所属。

 「かぐや姫」→後輩。保健室でグータラしてる。

 「シンデレラ」→家が貧乏で入学できず、学校に不法侵入している。(!?)

 「グレーテル」→同学年で水泳部所属。

 「ラプンツェル」→義妹。

 「ハーメルン」→学年不明。番長。学園の問題児。

 「つう」→「ジャック」のクラスメート。男装しているが、女であることは胸でバレバレ。

 「人魚姫」→「ジャック」のクラスメート。

 

 「グレーテル」が水泳部なの意外でした。「ラプンツェル」が義妹なのも。

 「シンデレラ」の境遇は意外を通り越して、もう笑ったwww。

 

冒頭――突然の狂気

 

 では、プレイの感想です。

 まずは冒頭。「ジャック」が家で目覚めるシーン。

 目覚ましの音が警報音だったから何事かと思ったよ(笑)。

 

 まぁ、そこは異常でも、主人公の目覚めから始まるのは恋愛ADVの定番。

 この後、幼馴染の「アリス」が家に来たりするんじゃ――。

 

 ジャック父さん、母さん、おはよう。

 

 

 

              (!?)

 

 

 

 「元街道沿いエリアのナイトメア」→「ジャック」の母親

 「墓所エリアのナイトメア」→「ジャック」の父親

 

 

 画面にこの2体が現れた時に、のわあああっwwwってなった。

 声は普通なのに見た目が化け物! この衝撃は「ここのえこころ」以来です。

 

 狂気を感じるなぁ……でもこういうの好き。

 

共通ルート

 

 共通ルートの内容は――。

 ヒロイン達が「ジャック」の誕生日パーティーを内緒で企画し、彼を祝うというもの。

 アホな「ハーメルン」の所為で台無しになりかけたけど、何とか成功しました。

 そして、パーティーの後日、覚悟を決めた「ジャック」がヒロインを某所に呼び出し告白。個別ルートに突入する――という流れ。

 

 個別ルートの詳しい内容は……全員分書くのもあれなので、自分の好きなキャラだけにします。 

 

「アリス」ルート

 

 両想いでしたから、告白もすんなり通り、二人は付き合うことに。

 そして始まったのは、「アリス」が手作りのオムライスを「ジャック」に御馳走する話。

 飛び散ったケチャップを舐めたり、相変わらずいちゃいちゃしてます。

 

 まぁ……それだけですね。特に大変なことが起きたりとかはありません。

 その後、二人は一夜を共にしたらしいですが、何かあったのか無かったのかは不明。

 

 (おしまい)

 

 短いだろうな~とは思ったけど、ルートに入ってからやる話が1つだけとはね……。

 まぁ、文句は無いけど。

 「ジャック」と「アリス」が幸せそうで何よりです。

 

「グレーテル」ルート

 

 告白後、プールデート。

 自分が科学部ではなく水泳部に所属しているのは、一人で静かに考える時間がほしかったから、などといったことを話してくれます。

 彼女は天才ですからね。縛りの多い部活動で長続きしないのは当然でしょう。

 

 さて、「アリス」が短かったのでこの話もこれで終わりかな……と思ったんですが……。

 デートの後、二人は家に行き――。

 

 

 (;゚Д゚) 大人の階段をのぼる時間がやってきた

 

 

 全員のルートやったけど、「グレーテル」が一番エロかったです。

 唯一「ジャック」とキスしたし、行為を迫ったからね……。

 

 あぁ……、「ジャック」が貞操を失ったかどうかは分かりません。

 だってそこまでやったら18禁だよ……。

 

 流石「グレーテル」……。ギリギリを攻めてくるね。

 

他のキャラも簡単に

 

 大体どんな話かを軽く書いときます。

 

・「赤ずきん

 告白後、デート。ウィンドウショッピング。

 

・「親指姫

 告白後、デート。バレーボール部の試合を一緒に応援。

 告白の時に「あんたMなの!? ドMなの!?」と言われたのが面白かった。

 

・「白雪姫

 告白後、科学部へ。

 「ジャック」は「白雪姫」の助手として活動。

 

・「眠り姫

 告白後、学校の花壇へ。一緒に植物の世話。

 

・「かぐや姫

 告白後、「ジャック」の家へ。

 ベッドでだらだらしながらゲームをする「かぐや姫」を「ジャック」がマッサージ。

 

・「シンデレラ

 告白後、散歩デート。

 遂に家が無くなった「シンデレラ」は、「ジャック」の家に居候することに。

 「プリンセスコネクト Re:Dive」の「キャル」よりヤバくね……?

 

・「ラプンツェル

 告白後、一緒にお風呂。

 いつか子どもを作りたい「ラプンツェル」。

 

・「ハーメルン

 告白後、服屋へ。「ハーメルン」に可愛い服を着せてみる「ジャック」。

 

・隠しルート

 「つう」が「人魚姫」に告白。その後、水族館デート。

 ほっぺにキスされ、真っ赤になってぶっ倒れる「つう」が可愛い。

 

 

 こんな感じ。

 半日も掛からず、余裕でクリアできるボリュームです。

 完全に優しい世界なので、修羅場とか期待してる人にはオススメできません……。

 個人的には、本編のキャラエピソードの方が面白かったです。

 

 ――と、いう訳で。

 

 「神獄塔メアリスケルター2」プレイ日記、

 

最後に

 

 次にプレイするゲームなんですが……今の所、未定。

 しばらくはオリジナル作品の制作に集中したいので、ゲームは新しく買わないかも。

 

 ただ、延期された「CODE VEIN」と、最近発売された「JUDGEMENT 7 俺達の世界わ終わっている」の2本は気になってます。

 後者は他の方の評価が非常に高いので、年内には買ってプレイしたいですね。

 「CODE VEIN」は発売されてからの評価次第。

  アニメ調の「DARK SOUL」は貴重だと思うけど……、好きになれそうなキャラが居ないのが難点。

 自分、「GOD EATER」とかは「台場カノン」が好きで買ってましたから……。

 (アラガミの少女「シオ」や、「ソーマ」も好き。)

 あれと一緒に戦うのはマジで楽しかった。狂気ボイス聞くとテンション上がる。

 

 「CODE VEIN」にもイカれたキャラがいれば……或いは……。