ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

遊戯王 第1回 ネタデッキデュエルトーナメント 第2試合

自分が持っているネタデッキ・キャラデッキを戦わせるイカれた企画。

今回は第2試合。

※脚本無しです

第1試合(2/2)はこちら

 

▽続いては……

 

 解説役:「ネシオ・スペクトラ」と「ケロタン

  外野:「ミスティ・メイデン」と「アグニス・ランパード

 

 

ケロタン第1試合が終わったので、次は第2試合!

 ネシオ対戦するのはこいつらだ。

 

 

 

 


【遊戯王カード】 オーシャンズ・オーパー EXP1-JP004-N

 


逆境無頼カイジ 破戒録篇 オリジナル・サウンドトラック

 

ミスティちょっ! ミカゼちゃんと人間のクズって……マズい相性じゃないですか!

アグニス本当に偶然なのか?

 

 ネシオダイスの導きだ。全く、奇妙だなぁ。

ケロタンでは対戦スタート!!

 

 

▽1回目 先攻は「金魚王国の崩壊」

 

▼ターン1 ミカゼ 手札5 LP8000

 

ミカゼ「私のターン。」

 

 

ミカゼ「《おろかな埋葬》発動。」 手札4

 


遊戯王 SR07-JP029 おろかな埋葬 (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK R - アンデットワールド -

 

ミカゼ「デッキから《素早いアンコウ》を墓地に送り、その効果で2体の《素早いマンボウ》をデッキから特殊召喚。」

 


遊戯王OCG 素早いアンコウ ノーマル ABYR-JP031

 


【遊戯王シングルカード】 《エクストラパック4 EXTRA PACK vol.4》 素早いマンボウ ノーマル exp4-jp005

 

ミカゼ「そして《素早いマンボウ》2体をリリースし、《超古深海王シーラカンス》をアドバンス召喚。」 手札3

 


遊戯王 超古深海王シーラカンス 18TP-JP104 トーナメントパック 2018 Vol.1

 

 

ケロタン「おっと、早速《シーラカンス》のお出まし! これは1ターン目からクライマックスかぁ!?」

 ネシオ「スピーディーだなぁ。」

 

ミカゼ「手札の《マザー・ブレイン》を捨て、《シーラカンス》の効果発動!」 手札2

    「デッキから3体の《オイスターマイスター》と《竜宮の白タウナギ》を特殊召喚!」

 


遊戯王カード 【オイスターマイスター】 DE03-JP012-N ≪デュエリストエディション3 収録カード≫

 


遊戯王OCG 竜宮の白タウナギ EXP2-JP037-NR エクストラパックVol.2

 

ミスティ「《オイスターマイスター》が3体出ましたよ……!」

アグニス「1ターン目からやる気か……。」

 

ミカゼ「3体の《オイスターマイスター》で《マスター・ボーイ》3体をリンク召喚!」

 

 (長いので省略します)

 


【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 CIBR-JP052 マスター・ボーイ (レア)

 

ケロタン「《マスター・ボーイ》が場に居る時、水属性モンスターの攻守は500アップ!」

 ネシオ「3体で1500アップだな。」

 

シーラカンス》 攻撃力4300

竜宮の白タウナギ》 攻撃力3200

マスター・ボーイ》×3 攻撃力2900

 

ミスティ「凄い……。」

 

ミカゼ「更に《貪欲な壺》を発動!」 手札1

 


遊戯王/第10期/スターターデッキ/ST18-JP029 貪欲な壺

 

ミカゼ「墓地の2体の《素早いマンボウ》、《マザー・ブレイン》、2体の《オイスターマイスター》をデッキに戻し、2枚ドローする。」 手札3

 

ミカゼ「永続魔法、《白の救済》を発動。」 手札2

 


【シングルカード】PP20)白の救済/魔法/ウルトラ/PP20-JP007

 

ミカゼ「1ターンに1度、墓地の魚族1体を手札に戻す。」

   「私が戻すのは《素早いアンコウ》。」 手札3

   「カードを1枚伏せて、ターンエンド。」 手札2 セット1

 

 

(終了状況)

 

 ミカゼ 手札2 LP8000

 

 《マスター・ボーイ》(EXモンスターゾーン)

 《竜宮の白タウナギ》《超古深海王シーラカンス》《マスター・ボーイ》《マスター・ボーイ

 セット(???)/ 《白の救済

 

遠藤「おい、カイジ。こりゃあ……マズいんじゃねぇか?」

カイジ「はは、大丈夫っすよ、遠藤さん。」

   「やっぱ所詮は子ども。展開の仕方がまるで下手。」

坂崎「どういうことじゃカイジ君?」

カイジ「へへっ、まぁ見ててくださいよ。」

 

 

▼ターン2 カイジ 手札5 LP8000

 

 カイジ「俺のターン!」 手札6

     「《召喚僧サモンプリースト》を召喚。」 手札5

  


遊戯王/第10期/SD32-JP010 召喚僧サモンプリースト

 

 (召喚時効果で《サモンプリースト》は守備表示になる)

 

 カイジ「手札の《ジャックポット》を捨て、効果発動。」手札4

 

 カイジ「デッキから《ダーク・ドリアード》を特殊召喚。」

 


遊戯王OCG ダーク・ドリアード ノーマル BOSH-JP035 遊戯王アーク・ファイブ [ブレイカーズ・オブ・シャドウ]

 

 カイジ「レベル4のモンスター2体でエクシーズ召喚!」

    「《No.39 希望皇ホープ・ダブル》!」

 


遊戯王 20TH-JPB19 No.39 希望皇ホープ・ダブル (日本語版 ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX

 

 (《ホープ・ダブル》は守備表示でエクシーズ召喚)

 

 カイジ「ターンエンド。」

 

アグニス「これは……。まさか狙っているのか……。」

 

ミスティ「どういうことです?」

 

 ネシオ「《ホープ・ダブル》の効果で《ビヨンド・ザ・ホープ》を出すと、相手フィールドのモンスター全ての攻撃力を0に出来る。」

ケロタン「おっとこれは1ターンキルの流れかぁ!?」

 

ミカゼ「!?」

 

 

(終了状況)

 

 カイジ 手札4 LP8000

 

 《No.39 希望皇ホープ・ダブル》(EXモンスターゾーン)

 

 

▼ターン3 ミカゼ 手札2 セット1 LP8000

 

ミカゼ「わ、私のターン。」 手札3

 

ミカゼ「《シーラカンス》の効果! 《オーシャンズオーパ》を捨てる。」 手札2

    「そしてデッキから《キラー・ラブカ》を守備表示で特殊召喚。」

 


遊戯王 PHSW-JP008-R 《キラー・ラブカ》 Rare

   

ミカゼ「《白の救済》の効果で《オーシャンズオーパ》を手札に戻す。」 手札3

 

カイジ「何をしようが無駄……! 《マスター・ボーイ》を3体並べた時点で、俺の勝利はほぼ確定……!」

 

ケロタン「そうか……、リンク先が潰れてるのか……。」

 ネシオ「調子に乗って3体並べるべきではなかったな。」

 

ミカゼ「《シーラカンス》と《竜宮の白タウナギ》を守備表示にしてターンエンド。」

 

(終了状況)

 

 ミカゼ 手札2 LP8000

 

 《マスター・ボーイ》(EXモンスターゾーン)

 《竜宮の白タウナギ》《超古深海王シーラカンス》《マスター・ボーイ》《キラー・ラブカ》《マスター・ボーイ

 セット(???)/ 《白の救済

 

 

アグニス「《ヴァレルロード》とかは入れてないのか?」

 

ケロタン「んなもん、金魚王国デッキに入ってる訳ないだろ。」

 

 

▼ターン4 カイジ 手札4 LP8000

 

 カイジ「俺のターン!」 手札5

 

 カイジ「《ダイス・ポット》を召喚。」 手札4

 


遊戯王OCG ダイス・ポット BE02-JP184-N 遊戯王ゼアル ビギナーズ・エディションVol.2

 

  カイジ「そして《強制転移》発動。」 手札3

 


【遊戯王シングルカード】 《ゴールドシリーズ 2012》 強制転移 ノーマル gs04-jp012

 

ケロタン「あっ。」

 

 (《キラー・ラブカ》と《ダイス・ポット》のコントロールが入れ替わる)

 

カイジ「《ホープ・ダブル》の効果! エクシーズ素材を1つ使い、デッキから《ダブル・アップ・チャンス》を手札に加える。」手札4

   「そして《No.39 希望皇ホープ》を重ねてエクシーズ召喚!」

 


遊戯王カード No.39 希望皇ホープ(ノーマル) 遊戯王チップス(YCPC) | ナンバーズ エクシーズ・効果モンスター 光属性 戦士族 ノーマル

 

ケロタン「《ホープ・ダブル》の効果で呼ばれた《ホープ》の攻撃力は倍の5000!」

 

カイジ「バトル。《希望皇ホープ》で《ダイス・ポット》を攻撃。」

   「ここで《ホープ》の効果を使って自身の攻撃を無効化。」

   「《ダブル・アップ・チャンス》発動。」 手札3

 


遊戯王 20TH-JPB23 ダブル・アップ・チャンス (日本語版 ノーマルパラレルレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX

 

希望皇ホープ》 攻撃力10000

 

ミスティ「うわぁ……。」

 

カイジ「《ダブル・アップ・チャンス》の効果で更に攻撃力が倍になった《ホープ》で、攻撃力200の《ダイス・ポット》を攻撃!」

 

(《ダイス・ポット》戦闘破壊)

 

ミカゼ LP8000-9800=

 

遠藤「危ないじゃないかカイジ。もしあの伏せカードが《ポセイドン・ウェーブ》とかだったらどうするつもりだったんだ?」

カイジ「まぁ、そこは流石に賭けだったけど……。」

 

ケロタン「え~と……、終了! 勝者、カイジ!!」

 

ミスティ「第1試合が嘘みたいな早さですね……。」

アグニス「これが今の環境だ。」

 

 

▽2回目 先攻は「カイジ」 (ダイジェスト)

 

 1ターン目、カイジは1回目と同じく《ホープ・ダブル》を出してターンエンド。

 

 2ターン目、ミカゼは《手札抹殺》後、並べた《素早いマンボウ》で《マネキンキャット》をエクシーズ召喚。

 その効果でカイジの墓地から属性の《弾圧される民》を呼び出し、《シーラカンス》を出すが……。

 

 《ビヨンド・ザ・ホープ》、《ホープレイV》、《トロイメア》、《魔の試着部屋》の大量展開に敵わず……、最終的に《ダイス・ポット》のサイコロ勝負に負け、6000のダメージを受けて敗北。

 

 出目はミカゼが5で、カイジ

 

 第2試合の勝者は「カイジ」に決定。

 

 ※フィールドの状況なんですが……、互いの場にモンスターが埋まるという凄まじい状況でした。

  しかもカイジ。引いてれば《大革命》が発動出来た(笑)。

 

▽最後に

 

 金魚王国の崩壊」デッキは展開力が凄まじいが、除去能力が劣る。

 今回、カイジデッキの《ホープ》に手も足も出なかった。

 サイドデッキの《禁止令》なんかを入れれば良かったかも。

 後、《フィッシャーチャージ》や《ポセイドン・ウェーブ》を引けてれば、試合結果はまた違ったかもしれない。

 (っていうか、リンク3以上の水属性モンスター増えてくれ……。)

 

ケロタン「つまりカイジ。運の良さで勝利。」

 ネシオ「この運がこの先何処まで続くか……見物だな。」

 

ミスティ「《ホープ・ダブル》は壊れてると思います……。」

アグニス「《魔法の筒》が伏せられてたら逆にヤバいがな。」

ミスティ「う~ん、ハイリスクハイリターンですか……。そう考えると、カイジデッキに合ってるのかもしれませんね。」

 

(3/15 追記)

 

 「カイジ」デッキは今のままでも十分強いですが、《超電磁タートル》を入れようか考え中。

 「坂崎」のおっちゃんの磁石作戦の再現になるし、敵の攻撃を止める手段にもなる。

 レベル4なので《サモンプリースト》で出せます。

 変更は大会が終わってから。サイドデッキがもうパンパンだからどうしようかな。

 

▽???

 

ミカゼ「…………。」

   (負けた……)

   (しかし私はふたつ学んだ……)

 

   (私は無力だ)

   (私は無力で強カードを入れなければ死ぬ……)

   (入れればネタデッキから離れてしまうかもしれないが……)

   (そうする以外に道はない)

 

 

第3試合はこちら