ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

『異端のネシオMINI』「テーブルトーク・パーティー編」第3話(2/?)

今回のお話

異端のネシオ』「異常性クラスメート編」のキャラ達がTRPGをする話パート2

EP1 UNUSUAL COLOR

 

東京都心――。

ここは地球侵略を企む悪の組織――「VILLAINヴィラン」に対抗すべく作り上げられた「RANGERレンジャー」の基地――「JUSTICEジャスティ BASEベース」。

昨日さくじつ、市街地に現れた怪人――クラムボンを見事撃退した6人の新人ヒーロー達は、新たな戦いに備え、英気を養っていた。

ぐごおおおおおお!! ごおおおぉぉー!!

ぐがああああああ!! ぐががあぁぁー!!

ピーガガガガー!! ピガーガガガガー!!

うるさ……。

眠れな~い!

(目を開けたまま寝ている)

さて、時刻は午前7時。起床したお前達は、自室の端末に長官からのメールが届いていることに気付いた。

8時半に作戦室に集合せよ

朝食や他のことを済ませる時間は十分ある。それぞれ行動を選んでもらおうか。

まずはレッドからだ。何をしている?

飲み物、飲んだ後、軽く体を動かしてるな。

基地の中をランニング、その後、部屋に戻って腕立て伏せ腹筋100回以上。

レーニングルームはないのか?

いや、あるぞ。レッドブラウンはそこで過ごすか?

いいぜ。どっちが多く回数こなせるか勝負だ!

おっと、その前にこいつの調子を確かめさせてくれ。<<ズルッ!>>

サンドバッグを雄に見立て、モノを振る!

いいだろう。レッドブラウン、上手くレーニンが行えるかを判定する。

シレン 知識 84 / 65

シレン STR×5 27 / 75

カイザー 知識 18 / 80

カイザー STR×5 14 / 85

フンッ! フンッ!


ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×150)

ブラウンモノ♂がサンドバッグに大きな穴をあけていく!

一方、知識に失敗したレッドは、レーニンによる効果を十分に得られなかったとする。

おい、レッド器具の使い方を間違えているぞ!

ん? 何か変だったか?

これはこう使うんだ! ――と言って、バーベルチ〇コで持ち上げる。


YouTen(ユーテン) ダンベル 10kg 20kg 25kg 30kg ×2個セット バーベル ホームジム トレーニング 筋トレ トレーニング (ダンベル 20kg (10kg×2セット))

なんとブラウンチ〇コバーベルを高く持ち上げた!

おおっ、すげぇな!

フンッ! フンッ!

では次はイエローだ。何をしている?

研究の為、朝の特撮番組を超観てます!

そうか。では内容が面白かったかどうか、幸運で判定しよう。

ヒカル 幸運 3 / 90 < クリティカル!

クリティカル神回だったようだな。

超感動しました! これは博士に報告しなくてはなりません!

仕事のモチベーションも高まったことだろう。ではピンクは何をしている?

昨日、基地の中で可愛い女の子を見つけたから、部屋に連れ込んでからの朝チュン

相変わらず手が早いな。

あっ♡ あっ♡ あっ♡

そしてホワイトは行為の音を聞きながらオ〇〇ーしてると。

じゃあ最後はブラック。何をしてる?


【Amazon.co.jp限定】Primero(プリメロ) ドリル&ドライバー AC100V DDR-70AZA 奥行20×高さ17×幅5.5cm

<<ギュイイイィィィィィン!!!>> アアーッ!! アーー!! アアアアーッ!!

音声だけ楽しませてもらうとしよう。

他に何もないようなら時間を進めるが、まだやりたいことがある奴はいるか?

う~ん、飯を食ったら猛烈にクソをしたくなってきた。作戦室に向かう前にトイレに寄るとしよう。

ではブラウンはトイレで――

<<ブリュリュブチィ!!>>

 

f:id:kerotan0:20200217125757p:plain

ちょっと待て! トイレからすげぇ臭いがするぞ!!

私の臭気センサー超反応しています! 臭いです!

ヒカルちゃん、こんなところ居ちゃ駄目!

変身!!

ホワイトは堪らず変身し、マスクを被った。

う~む、中々良いクソが出た。

流さず外に出る。

では変身したホワイト以外はむせ返るほどの臭気に襲われ、成功0失敗1D2SANチェックだ。

シレン SAN 32 / 50

ヒカル SAN 57 / 90

ユリ SAN 39 / 45

マナト SAN 58 / 80

全然平気だ!

超問題ありません!

香水で相殺出来れば……!

シュールストレミングよりはマシだなぁ。

全員臭いに屈することはなかったが、ホワイトは良い判断だったな。

好感度下がったよ。

はっはっは! 女に嫌われる分には何の問題も無いぞ!

それでは場面を移そう。

作戦室

 

<<ウイイーン!!>>

作戦室ではJUSTICE BASE長官が6人の到着を待っていた。

お前達、昨日は御苦労だった。

初任務であれだけの実力を発揮するとは、どうやら私の目に狂いはなかったようだな。

当たり前だ!

あの程度の怪人、超楽勝です!

うむ。急遽組んだチームだが、次の任務もこのメンバーで問題なさそうだな。

今ここで自己紹介を済ませておいたらどうだ?

それがいいだろう。

賛成!

じゃあまずは俺からいくぞ。よく聞け!

 ・シレン(盤上 試練)

職業:スーパー戦隊/元消防士(異能力者) 個性:挑戦好き

STR:15 CON:16 POW:10 DEX:14 APP:10 SIZ:16 INT:13 EDU:13

SAN:50 幸運:50 アイデア:65 知識:65 耐久力:16 MP:10

ダメージボーナス:+1D4

回避:50

キック80組み付き70こぶし80投擲68マーシャルアーツ81登攀80跳躍50だ。普段からトレーニングは欠かさないからな。

そして助けを呼ぶ声を聞く為の聞き耳50、悪党を見逃さない為の目星50異能はピンチの時に強制発動して1ターンの間、STRにし、運動系技能成功率+30%する《火事場の馬鹿力》だ。

レッド元消防士だったようだな。

ああ。5歳の頃に家が火事なったが自力で消火。小学生の頃、学校が火事になったが、友達と力を合わせて消火。中学生の頃、学校が放火にあったがすぐに気付いて消火。犯人も確保。

高校生の頃、謎の人体発火現象が発生して学校が全焼したが、全員を救出。卒業後、採用試験に合格し、消防士になったが、火事以外のことからも人を救いたくなってRANGERに志願したって流れだ。

随分、火と縁のある人生だな。しかし、それを恐れぬ勇気と強い正義感を持っているようだ。

レッドの素質は十分だろう。

RANGERとしての名前はシレンレッド機体ソードオブシレンだ。よろしくな!

うむ。では次はヒカル自己紹介を聞かせてもらおうか。

ハイ! 私の仕様は次のようになっています!

 ・ヒカル(超文字 ヒカル)

職業:スーパー戦隊/アンドロイド(異能力者) 個性:超ハイテンション

STR:11 CON:11 POW:18 DEX:14 APP:14 SIZ:10 INT:8 EDU:14

SAN:90 幸運:90 アイデア:40 知識:70 耐久力:11 MP:18

ダメージボーナス:0

回避:28

キック70投擲90拳銃80応急手当60聞き耳75追跡90目星55異能はありませんが、代わりに多くの特殊機能が搭載されています!

これ以上の情報開示には博士の権限が超必要です!

ヒカルは最新のアンドロイドだったな。

ハイ! いつか先輩のように地球を割るのが夢です!

それは困るが……、意気込みは伝わった。

既にチームに馴染んでいるようだし、この調子で頑張ってくれ。

超了解です!

RANGERとしての名前は超イエロー機体ヒカルジェットです! 皆さん超よろしくです!

では次はカイザー自己紹介を頼む。

さぁ、俺のモノを見てくれ!

 ・カイザー(中山 皇帝)

職業:スーパー戦隊/プロレスラー(異能力者) 個性:ゲイ

STR:17 CON:14 POW:14 DEX:15 APP:7 SIZ:18 INT:12 EDU:16

SAN:70 幸運:70 アイデア:60 知識:80 耐久力:16 MP:14

ダメージボーナス:+1D6

回避:30

キック50組み付き80パンチ80カイザーアーツ81跳躍50プロレスラーとしての技能だ。

他は聞き耳40目星50信用50説得80――

芸術(性技)90異能はモノを巨大化させる《魔獣の象徴》だ。

うむ。実力は信用している。しかし、変わった格闘術を使うようだな。

<<ズルッ!>> これがあらゆる雄のケツで鍛えた百戦錬磨のチ〇コだ。

おお……デカいな。腕のような太さだが、ほんとにそれはチ〇コなのか……?

ハッハッハ!! 俺は常に勃起している。外でこれを出すと制服を着た屈強な男達が集まってくるのだ。堪らん!

それは出来れば敵の前だけにしてもらいたいな。

ハハハ! RANGERとしての名前はブラウンコング機体カイザーバルクだ。皆、困った時は俺を頼れ!

ん? 終わった? じゃあ次私の紹介ね。

 ・ユリ(本庄 百合)

職業:スーパー戦隊/アイドル(異能力者) 個性:レズ

STR:13 CON:15 POW:9 DEX:10 APP:16 SIZ:14 INT:11 EDU:15

SAN:45 幸運:45 アイデア:55 知識:75 耐久力:15 MP:9

ダメージボーナス:+1D4

回避:50

女の子を抱く為の組み付き70、女の子の部屋に潜む為の隠れる70、女の子の話をよく聞く為の聞き耳60、女の子の体をよく見る為の目星50

人気アイドルなので変装51言いくるめ55信用60

女の子を堕とす為の芸術(性技)75異能は特殊なを出現させる《ラブリュス》ね。

そう、ピンクアイドルだったな。何故RANGERに?

拉致された女の子達を助けなきゃいけないからね。アイドルだから体力もあるし、足手まといにはならないよ!

う~む、しかし……昨日、現場に駆け付けるのが一番遅れたようだが……。

あ……。

アイドル活動との両立は難しいのではないか?

しばらくはこっちに集中するつもりです!

そうしてくれると助かる。

RANGERとしての名前はマジカルピンで、機体ラブリュスターです。よろしくね。

じゃあ次、私イキます!

 ・イサギ(霜之口 亥鷺)

職業:スーパー戦隊/マッサージ師(異能力者) 個性:オ〇〇ー中毒

STR:11 CON:10 POW:12 DEX:7 APP:14 SIZ:14 INT:15 EDU:18

SAN:60 幸運:60 アイデア:75 知識:90 耐久力:12 MP:12

ダメージボーナス:+1D4

回避:19

だいしゅきホールドの為の組み付き29、喘ぎ声を聞き分ける為の聞き耳72、先っぽだけ入れる為の言いくるめ27、壁の向こうの情事を目撃する為の目星45

アダルトグッズ趣味で作ってるので、製作(エッチな道具)69製作(エッチな薬)72

マッサージ師なので応急手当69医学48薬学69芸術(マッサージ)69

芸術(オナニー)72異能空間支配能力AV》だよ!

手先が器用で医学の知識があるホワイトには、衛生兵的な立ち回りを期待したい。

RANGERとしての名前はホワイトスペルマで、機体ホワイトドルフィン。射〇管理は任せて!

うむ。では最後はマナトだな。

俺のことを教えてやるぜぇ!!

 ・マナト(益田 愛斗)

職業:スーパー戦隊/元医者(異能力者) 個性:ドBM

STR:11 CON:16 POW:16 DEX:12 APP:13 SIZ:14 INT:18 EDU:18

SAN:80 幸運:80 アイデア:90 知識:90 耐久力:15 MP:16

ダメージボーナス:+1D4

回避:24

骨延長術で伸ばした脚によるキック50医科大学で学んだ応急手当90医学55化学51生物学46薬学76

趣味で学んだ運転(自動車)50機械修理50重機械操作51電気修理50

体を上手く縛る為の芸術(拘束)90異能は他人の痛みを味わう《痛覚接続》だ。

ふむ。ブラックホワイトよりも専門的な知識を持っているようだな。

機械にも強いようだし、前回のようにトリッキーな動きで敵を攪乱してもらいたい。

ヘヘヘハハァ……。RANGERとしての名前はブラックジャック機体ブラックモールだ。何でも修理するぜぇ俺は。麻酔無しで。

これで自己紹介は一通り済んだな。仲間のことがよく分かっただろう。

完璧に記録しました!

さて、そこでだ。お前達が望むなら、チームに正式な名前を付けようと思うのだが……。

今のままじゃ全く統一感ないからな。

決まったらいつでも声を掛けてくれ。

よし! お前ら、どんどん案を出してくれ!

生殖戦隊セ〇ロス

筋肉戦隊ブルートフォース

鬼畜戦隊マザーファッカー!

百合戦隊フラワーズ!

こりゃ時間が掛かりそうだぜ……。

あの、もしよろしければ私が皆さんの意見を統合し、超最適な名前を提案しますが……。

何? そんなこと出来るのか……!?

ハイ!

じゃあ俺の案も言わないとな。試練戦隊チャレンジャーで頼むぜ。

了解! 皆さんの案を1つにまとめます!

ああっ、ヒカルちゃんの中で皆が1つに……!

完了! 私達のチーム名は、「極星戦隊レイブフォース」です!

おおっ、意味は分からないがかっけぇ! それにしようぜ!

レ〇プフォース……。

ハッハッハ! いいだろう!

俺は別に何でもいいや。

早かったな。では今後、お前達のチームはそのように呼ぶことにしよう。

<<PPPPPPP!!>>

ん? 何だ?

チーム名が決まると同時に、長官の端末が鳴り出した。

――私だ。何っ? 怪人が……?

どうやら……新たな任務のようですね……!

ああ。遊園地に新たな怪人が出現したらしい。レイブフォースよ、ただちに急行して欲しい。

おう! 任せな!

イッてきます!

次の怪人も可愛い女の子だといいなぁ……。

ハッハッハ! もし男が来た場合は俺に全て任せてくれ!

<<ウイイーン!>>

あぁぁ、入口の自動ドアに挟まりてぇ……。

おい、ブラック! 置いてくぞ!

まぁそう焦るなよ……どうせ俺達が行くまで話は進まねぇんだ。

そうか! では俺はもう1度トイレに行くとしよう。

頼んだぞ、レイブフォース……!

 第3話パート3へ続く