ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

【遊戯王ネタデッキレシピその22の解説】

トマトアドベンチャー」をイメージしたデッキのネタ解説になります。

※「トマトアドベンチャー」を知らない方には分からないネタもあります。

トマトアドベンチャー」について


トマトアドベンチャー4コマまんが王国 (アクションコミックス)

 2002年1月ゲームボーイアドバンスソフトとして発売された任天堂隠れた名作

 開発は「マリオルイージRPG」シリーズで有名なアルファドリームで、この作品はそれよりも前に作られました。知っている方がプレイすれば、あの作品のアクションコマンドキャラクター達の個性的な動きが、このトマトアドベンチャーから受け継がれたものであることに気付くことでしょう。

 残念ながらアルファドリームはもう無くなってしまったので続編は望めませんが、今尚、色褪せない面白さを持った作品なので、これからも生まれてくるであろうトマトが嫌いな子ども達には、是非一度プレイさせたいですね。

メイン・EXデッキ解説

 

・《プランキッズ・ドロップ》《プランキッズ・パルス》《プランキッズ・ランプ》《プランキッズ・ロック》


遊戯王 DBHS-JP016 プランキッズ・ドロップ (日本語版 ノーマル) デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ

 物語の舞台であるケチャプー王国の住人達。リンク1プランキッズ・ミューの登場により、1枚からでも展開ができるようになった。

 王国ではトマトが嫌いな人々は「ドロッパーズ」と呼ばれているので、プランキッズ・ドロップは名前的にも良い感じ。

 プランキッズ・ロックレベル4なので、ランク4エクシーズの素材に使える。

・《プチトマボー》《スプライト・レッド》《ギガンティック・スプライト》《スプライト・エルフ》


遊戯王 TSHD-JP022-R 《プチトマボー》 Rare

 プチトマボーは、戦闘で破壊されても数を増やせるトマト

 自爆特攻でも良いので、デッキから同名モンスターを2体特殊召喚できれば、スプライト・エルフギガンティック・スプライトを展開できる。

 《スプライト・レッド》は、モンスター効果を無効にできるので、《ニビル対策として入れている。

・【スピードロイド】《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》


遊戯王 DP25-JP008 SRベイゴマックス (日本語版 ノーマル) デュエリストパック - 疾風のデュエリスト編 -

 ベイゴマックス吹持童子は、ギミック武器けんかごま」と、仲間ソフビーを助けたつなひきドールという扱い。

 ベイゴマックスは手札から特殊召喚できる上、サーチ効果を持つので、タケトンボーグ吹持童子をサーチして、《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》のシンクロ召喚に繋げると良い。

・《怪粉壊獣ガダーラ》


遊戯王OCG 怪粉壊獣ガダーラ ノーマル EP16-JP025 遊☆戯☆王ARC-V [EXTRA PACK 2016]

 シムルグ》対策として入れている風属性の【壊獣モンスター

 ネタとしては、ギミックパレスに出現するモンスターである「モゲハ」。

・《パラレルエクシード》《No.41 泥酔魔獣バグースカ》


No.41 泥睡魔獣バグースカ レア 遊戯王 コレクターズパック2017 cp17-jp042

 パラレルエクシードは、シャラプの腕(プラスの形になっている状態)。

 バグースカバルサミドームノンレム迷路に出現するモンスターまぼろしバク」。

 バグースカの素材はプランキッズ・ロックを2体並べても良いが、プランキッズ・ミューリンク召喚時にパラレルエクシード特殊召喚しても揃えられる。

 ただ、プランキッズの大暴走を使った後は【プランキッズ】以外の召喚・特殊召喚が行えないので、展開の仕方には注意。

・《ネメシス・コリドー》《超雷龍―サンダー・ドラゴン》

 環境デッキ対策用。

 出し方だが、プランキッズ・ロックの効果などで除外したモンスターをネメシス・コリドーでデッキに戻し、その後、場に特殊召喚したネメシス・コリドーをリリースし、超雷龍特殊召喚する。

 【プランキッズ】の展開の途中に挟める且つ、プランキッズ・ミューの回収もできるので、相性抜群。

・【ヌメロン】カード+《テラ・フォーミング》《双穹の騎士アストラム》


遊戯王 CP20-JP026 ヌメロン・ネットワーク (日本語版 スーパーレア) コレクションパック 2020

 ラストステージギミックパレス」と、主人公達の行く手を遮る頑丈な壁。

 この壁は各地のボスを倒して集めたトイパーツを使い、破壊することになる。

 【ゲート・オブ・ヌメロンモンスターは基本、戦闘では破壊されないので、その辺りは再現できていると思う。

 ヌメロン・ネットワークサーチヌメロン・ウォールテラ・フォーミングを使う。

 攻撃を終えた【ヌメロンモンスターアストラムの素材にしよう。

・《灰流うらら》《増殖するG》《禁じられた一滴》《墓穴の指名者》《迷い風》


遊戯王 ROTD-JP065 禁じられた一滴 (日本語版 スーパーレア) ライズ・オブ・ザ・デュエリスト

 環境デッキ対策として入れたカード達。

 この内、禁じられた一滴》《墓穴の指名者》《迷い風ネタがあり、順にアビーラの「特製トマトジュース」、タルタルバレーはてなキッズが出すスペシャルクイズ最初のダンジョンである「チチカバの森」。

・《プランキッズ・ハウス》《プランキッズの大暴走》《プランキッズ・プランク》《プランキッズの大作戦》


遊戯王カード プランキッズ・ハウス(スーパーレア) デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ(DBHS) | フィールド魔法 スーパー レア

 主人公達のギミックを作ってくれるハンゾ兄弟ラボ

 基本的な動きは普通の【プランキッズ】と同じでいいが、EXデッキの【プランキッズモンスターの数が少ないので、墓地に行ったカードはプランキッズ・プランクなどでしっかり回収したい。

・《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》《ライトニング・ストーム》


ツインツイスター ノーマル 遊戯王 精霊術の使い手 sd39-jp029

 ハーピィの羽根箒は、が使用するおじゃまパタパタ」。

 ツインツイスターは、ソフビー初期ギミックちょうせんぷうき」。

 ライトニング・ストームは、ギミックでんでんだいこ」か、キャラクター感電痺れるリアクション

 プランキッズ・ロアゴを入れていないので、魔法・罠の除去はこれらのカードで行う。

・《貪欲な壺》


遊戯王 SR10-JP031 貪欲な壺 (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK R - マシンナーズ・コマンド -

 オイスタウンで登場した「ブッチャベス」に似ているカード。

 プランキッズ・プランクと同じく墓地に落ちたモンスターを回収できる。

・《カイザーコロシアム》


遊戯王 SD38-JP031 カイザーコロシアム (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK - 混沌の三幻魔 -

 オイスタウンにある「ラードコロシアム」。

 発動しておくと相手が自分よりモンスターを展開できなくなる為、相手のデッキによっては大きな効果を発揮する。

 プランキッズ・バウワウが相手ターンに自身をリリースして発動する効果を持っているので、モンスターを特殊召喚する効果チェーンして発動し、自分フィールドのモンスターの数を減らすことで、その効果を不発に終わらせることもできる。

・《エネミーコントローラー》


遊戯王カード SDKS-JP028 エネミーコントローラー(ノーマル)遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -海馬瀬人-]

 トマトアドベンチャーアクションコマンドシステムの再現。

 エネミーコントローラーは、正しいコマンドを入力すれば、相手モンスターの表示形式を変更したり、コントロールを奪うことができる。

・《ワン・フォー・ワン》《プランキッズ・ロケット》《プランキッズ・ミュー》

 特にネタは無いが、展開をサポートしてくれるカード達。

 一番優秀なのはリンク1プランキッズ・ミューで、1体の【プランキッズ】からプランキッズ・ドゥードゥルリンク召喚に繋げられる。

・《プランキッズ・ドゥードゥル》《プランキッズ・バウワウ》


プランキッズ・ドゥードゥル パラレル 遊戯王 ヒドゥン・サモナーズ dbhs-jp020

 ドゥードゥルバルサミドームにいた鳥「ポポック」と「ククッポ」。

 バウワウイラストにもいるブルドッグは、オイスタウンの地下に逃げた凶暴な飼い犬ポチ」という扱い。


遊戯王 DBHS-JP021 プランキッズ・バウワウ (日本語版 ノーマル) デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ

 ドゥードゥルは【プランキッズ魔法・罠カードをサーチする効果を持つので、早めにリンク召喚したい。

・《プランキッズ・ハウスバトラー》


プランキッズ・ハウスバトラー シークレットレア 遊戯王 ヒドゥン・サモナーズ dbhs-jp019

 【プランキッズ】の強力な融合モンスター

 墓地のプランキッズ・ミューを除外すれば全体除去効果をリリースせずに放てるので、使いどころによっては相手にかなりの打撃を与えられる。

 ちなみにハウスバトラー主人公の仲間であるアレサが作ったメカという扱い。

サイドについて

・《N・グラン・モール

 主人公仲間である「レレク」。必殺モグラッシュ」で戦闘する相手モンスターをバウンスする。

 獣族ではなく、岩石族なので、一応、ムーン・スクレイパーの効果を発動することができる。

・《デコイロイド》《ジェントルーパー》


【シングルカード】遊戯王 デコイロイド POTD-JP010 ノーマル

 デコイロイド主人公デミルが使うギミックスニー・カー」。赤い車なのでこれがぴったり。

 ジェントルーパー主人公の仲間である「ソフビー」。体が緑色ではないが、体型や服装が似ている。


遊戯王カード 【ジェントルーパー】ST13-JPV07-N ≪スターターデッキ2013 収録≫

 この2枚のカードはどちらも自分以外のモンスターに攻撃させない効果を持つので、並べると相手の攻撃を封じることができる。

 ジェントルーパーの方は相手の攻撃宣言時に手札から特殊召喚できるので、バトルフェイズ中にロックを完成させることが可能。

・《キャシー・イヴL2》


遊戯王カード キャシー・イヴL2 サベージ・ストライク(SAST) | 効果モンスター 光属性 サイバース族 ノーマル

 キャシー・イヴL2は、ソイシティで登場した「かいとうベリー」。

 自分の場のモンスターのレベルを下げるだけで特殊召喚できるので、このデッキではスプライト・エルフ》や《ギガンティック・スプライト素材を用意したい時などに役立つ。

・《電池メン―単四型》《カメンレオン》


遊戯王 TSHD-JP034-N 《電池メン-単四型》 Normal

 電池メン―単四型主人公の敵であるアビーラ部下ブリッキ」&「ゴリッキ」。何となく表情や雰囲気が似ている。

 カメンレオンチチカバの森にいる「カメベロン」。

 単四型は召喚・リバース時に手札・墓地から同名カード特殊召喚する効果を持つので、並べてランク4エクシーズの素材にする。

 守備力が0なのでカメンレオンの効果で蘇生することも可能。

・《SRダブルヨーヨー》


SRダブルヨーヨー パラレル 遊戯王 ハイスピード・ライダーズ sphr-jp003

 SRダブルヨーヨー主人公が最初に貰うギミックはぐるまヨーヨー」。

 ネタはあるが、他に便利な【スピードロイド】がいるので、メインデッキへの採用は難しい。

・《幻獣機オライオン》


遊戯王 LVP3-JP054 幻獣機オライオン (レア 日本語版) リンク・ヴレインズ・パック3

 幻獣機オライオンは、スーパーキッズシャラプがいる衛星という扱いで、トークの方は「スーパープチクッカー」で小さくなったシャラプ

・《カタパルト・タートル》


SR◇カタパルト・タートル

 スーパーキッズアウチがいる「アウチシアター」。亀の形をしている。

 見た目を重視するなら、ゴラ・タートルの方が近いが、【ヌメロン】との相性を考え、カタパルト・タートルを優先した。

・《サイバー・ドラゴン・コア》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》


遊戯王カード サイバー・ドラゴン・コア(ノーマル) サイバー流の後継者(SD41) | ストラクチャーデッキ 効果モンスター 光属性 機械族

 サイバー・ドラゴン・コア》《キメラテック・フォートレス・ドラゴンは、ギミックパレスに出現するモンスターである「トマトばこ」と「ガタピシドラゴン」。

 サイバー・ドラゴン・コアは、フィールドでは「サイバー・ドラゴン」として扱えるので、相手の機械族モンスターと共に墓地に送って、キメラテック・フォートレス・ドラゴン特殊召喚したい。

 環境デッキでは【閃刀姫】や【ドライトロン】が機械族を使うので、チャンスはある。

・《ムーン・スクレイパー


【 遊戯王】 ムーン・スクレイパー ノーマル《 エクストラパック ソード・オブ・ナイツ 》 ep13-jp030

 タルタルバレース・クリーム山の山頂にあるムーン教会から行けるの形をした気球

 現在、表示形式を変更できる岩石族は《プランキッズ・ロック》と《N・グラン・モール》の2体だけだが、《プランキッズ・ロック》は他の【プランキッズ】の効果ですぐリクルートできるので、割と効果が使える機会はありそう。

・《星に願いを》


遊戯王 ORCS-JP052-N 《星に願いを》 Normal

 タルタルバレーマジカルツリーと、願いを叶えるお星さま

 ステータスが同じモンスターのレベルを合わせるので、【プランキッズ】で使いやすいが、エクシーズ召喚はあまりしないデッキなので、重宝はしない。

・《墓穴ホール》


遊戯王 ETCO-JP078 墓穴ホール (日本語版 レア) エターニティ・コード

 穴だらけなので、マヨネンランドマヨホール。もしくは後ろにが見えるので、タルタルバレー墓場として扱う。

 環境でもよく使われるメタカードなので、メインデッキに入れてもさして問題は無い。

デッキを作ってみて……

 2022年3月14日更新環境デッキとも戦える形に変更。

 【ヌメロン】で一気に畳みかけるか、じっくり【プランキッズ】を展開して攻めるかは手札次第。

 実際に回して事故も少なかったので、中々良いバランスに仕上がったと思います。

 この調子でピーマンアドベンチャーデッキも作りたいですが、やっぱりそれは別のお話。