ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

【遊戯王ネタデッキレシピその30の解説】

デスピリアをイメージしたデッキのネタ解説になります。

デスピリアを知らない方には分からないネタもあります。

デスピリア」について


デスピリア

 「デスピリア」は、2000年9月アトラスから発売された、ドリームキャストゲームソフト

 戦後、荒廃した2092年大阪市とその周辺を舞台に、主人公アルーア・バレンタイン」が、人や物の思念を読み取る「マインド能力」を駆使しながら、次々に起こる凶悪事件を解決したり、敵対組織と戦いを繰り広げる話となっています。

 全編を通して鬱展開スプラッター表現が多く、ドリームキャスト最狂」のRPGと評されているほどで、かなり薦めにくい作品なんですが、キャラクターデザイン台詞は独特のセンスで、ツッコミどころが満載。ダークな世界観ブラックユーモアが好きだという方には、ほんとオススメできる作品です。自分は隠れた名作だと思ってます。

メイン・EXデッキ解説

 

・《守護天使 ジャンヌ》


遊戯王 307-032-SR 《守護天使 ジャンヌ》 Super

 主人公の「アルーア・バレンタイン」。天使の羽と輪っかが余計だが、髪色と髪型が似ている。

 最上級モンスターなので場に出し辛く、効果もライフの回復だけと微妙だが、光属性なので《エルシャドール・ネフィリム》の融合素材として使える。

 攻撃力は高い方なので、墓地に行った後は《死者蘇生》で蘇生するなどして、攻め手に加えたい。

・《ウェポンサモナー》《ガーディアンの力》


遊戯王 304-004-N 《ウェポンサモナー》 Normal

暴れ市民ジングルベージングルベー切・り・つーけるー」。

 記憶喰らいによって記憶を改竄され、暴徒と化した市民。

 【ガーディアンカードをサーチする効果を持っているが、リバースさせる必要があり、少々時間がかかるのが欠点。

 《守護天使 ジャンヌ》は手札から出し辛いので、装備魔法の《ガーディアンの力》をサーチすることをオススメする。

・《宣告者の神巫》《サイバー・エッグ・エンジェル》《トリアス・ヒエラルキア》《祝福の教会―リチューアル・チャーチ》《天輪の双星道士》《水晶機巧―ハリファイバー》《リンクメイル・デーモン》


遊戯王 YO01-JP001 宣告者の神巫 (日本語版 ウルトラレア) OCGストラクチャーズ 第1巻 付属カード

 《宣告者の神巫》は、主人公が所属する教会と呼ばれる組織の女性信徒という扱い。  

 このデッキでは展開の要となるモンスターで、手札に《儀式の下準備》も揃っていると、リンク4モンスターである《リンクメイル・デーモン》の召喚まで繋ぐことができる。

 以下、展開例。

 ①:《宣告者の神巫》を召喚し、効果発動。デッキから《トリアス・ヒエラルキア》を墓地に送り、レベル11に上げる。

 ②:《儀式の下準備》を発動し、《チャクラ》と《チャクラの復活》をサーチ。

 ③:《チャクラの復活》を発動。《宣告者の神巫》をリリースし、《チャクラ》を儀式召喚する。

 ④:リリースされた《宣告者の神巫》の効果で、手札・デッキから《サイバー・エッグ・エンジェル》を特殊召喚

 ⑤:《サイバー・エッグ・エンジェル》の効果で《祝福の教会―リチューアル・チャーチ》をサーチし、発動する。

 ⑥:《リチューアル・チャーチ》の効果で墓地の《儀式の下準備》と《チャクラの復活》をデッキに戻し、《宣告者の神巫》を蘇生する。

 ⑦:チューナーである《宣告者の神巫》と《サイバー・エッグ・エンジェル》で、《水晶機巧―ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でチューナー特殊召喚

 ⑧:場の3体を素材に、《リンクメイル・デーモン》をリンク召喚

 

 ただし、《リンクメイル・デーモン》は先攻1ターン目に出すべきモンスターではない。

 先攻で展開する場合は⑦で止め、次のターン、《ハリファイバー》を除外し、《天輪の双星道士》をシンクロ召喚扱いで特殊召喚――効果で墓地の《サイバー・エッグ・エンジェル》を蘇生し、《トリアス・ヒエラルキア》を呼び出すタイミングを窺う方が良いだろう。

・《チャクラ》《チャクラの復活》《儀式の下準備》


遊戯王 OCG チャクラ スーパー レア

 《チャクラ》はマインド使いが呼び出すマインドに似ているモンスター

 具体的には、セイバというマインドに似ている。

 儀式モンスターだが、《儀式の下準備》を使えば、儀式魔法と一緒にサーチできるので、出しにくいということはない筈。

・《ハロハロ》


遊戯王 EP18-JP040 ハロハロ (日本語版 ノーマル) エクストラ・パック EXTRA PACK 2018

 《ハロハロ》は、ミディアンギャング団ザ・パンプキンズ」の一員である「ジャック」。

 通常モンスターなので《予想GUY》でも特殊召喚できる。

・《慈悲深き修道女》《パラサイト・フュージョナー》《融合》《ワン・フォー・ワン》《死魂融合》《聖女ジャンヌ》


【シングルカード】遊戯王 慈悲深き修道女 DL3-080 ノーマル


【シングルカード】遊戯王 聖女ジャンヌ BE1-JP240 ノーマル

 《慈悲深き修道女》は、元ミディアン伝道所のシスター

 《パラサイト・フュージョナー》は、精神防壁を強化する装備品である人工線虫

 《聖女ジャンヌ》は、《守護天使 ジャンヌ》と同じく「アルーア」として扱う。

 《パラサイト・フュージョナー》は特殊召喚時に融合を行う効果を持つ、レベル1融合素材代用モンスターなので、他の素材モンスターがフィールドにいて、《ワン・フォー・ワン》が手札にあれば、好きなタイミングで融合召喚が行える。

 聖女ジャンヌ》の場合は、《パラサイト・フュージョナー》と《慈悲深き修道女》の組み合わせ。

 パラサイト・フュージョナー》を特殊召喚する手段が無い場合は、《融合》か《死魂融合》を使うしかない。

・《マインド・オン・エア》《マジシャンズ・ソウルズ》《死者蘇生》《マインドクラッシュ》《黒魔族復活の棺》


【シングルカード】 マインド・オン・エア SOD-JP027(遊戯王OCG SOUL OF THE DUELIST [ ソウル・オブ・ザ・デュエリスト ])レア

 《マインド・オン・エア》は、暴走したアンドロイド

 フィールドに存在しているだけで相手に手札を公開させることができるので、《マインドクラッシュ》との相性は抜群。

 場に出す方法は、このデッキでは普通にアドバンス召喚する以外に、《マジシャンズ・ソウルズ》で墓地に落としてから《死者蘇生》で蘇生する方法と、《黒魔族復活の棺》でデッキから特殊召喚する方法がある。

 ステータスが低いので、マインドクラッシュ》の発動準備が整っている時に呼び出し、相手の手札を削った後、何らかの素材にすべきだと思う。

・《予言僧チョウレン》


遊戯王 ORCS-JP032-N 《予言僧 チョウレン》 Normal

 アンドロイドに感情を与え、新たな生命を生み出していた謎の人物ヴィ・ラザフォード」に似ているモンスター。

 服装はできれば半裸が良かったのだが、これ以上のものは見つからなかったので妥協。

 特に他のカードとのコンボは思い付かないモンスターだが、相手のセットカードを封じる効果を持っていて、攻撃力も高いので、地味に役に立つかも。

・《ヴェンデット・レヴナント》


遊戯王/ヴェンデット・レヴナント(ノーマル)/エクストラパック 2017

 クリーチャー化した人間達。

 《予言僧チョウレン》と同じステータスだが、こっちは相手に破壊されても蘇ることのできるモンスター。

 《王宮の鉄壁》があれば、除外されず無限の壁となるので、入れるかどうか現在検討中。

・《ジュラゲド》


遊戯王/ジュラゲド(ノーマル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-

 《チャクラ》と同じく、セイバというマインドに似ているモンスター。

 バトルステップに手札から特殊召喚できるので、ランク4エクシーズの素材を揃えたい時に使える。

 攻撃力がそこそこあるので、普通にアタッカーとして使っても良い。

・《地獄詩人ヘルポエマー》


遊戯王カード DP17-JP034 地獄詩人ヘルポエマー(ノーマル)遊戯王デュエルモンスターズ [-王の記憶編-]

 クリーチャー

 墓地から特殊召喚することはできないが、戦闘で破壊されると相手バトルフェイズが終了する度に相手の手札を削ってくれるので、《マインドクラッシュ》と合わせれば、かなり相手を苦しめることができる。

・《異形の従者》


遊戯王 【効果モンスター】 異形の従者 【ノーマル】 日本語 DL5-098

 シェルダというマインドに似ているモンスター

 相手プレイヤーに直接攻撃する効果を持っているので、《ジュラゲド》や《使い捨て学習装置》などのカードで攻撃力を上げたい。

 一応、光属性なので、《エルシャドール・ネフィリム》の素材にすることもできる。

・《シャドール》カード


遊戯王カード エルシャドール・ネフィリム(シークレットレア) リバース・オブ・シャドール(SD37) | 融合・効果モンスター 光属性 天使族 シークレット レア

 《エルシャドール・ネフィリム》は、アンドロイド

 【シャドール】と光属性の組み合わせで融合召喚できる。

 ②の効果が強力なので、他のモンスターで突破できないモンスターがいる時に出すと良い。

・《コスモブレイン》

 手札かフィールドから効果モンスター以外のモンスターを墓地に送ることで特殊召喚できる闇属性魔法使い族のモンスター。

 墓地に送ったモンスターのレベル×200ポイント攻撃力が上がるので、レベル7の《チャクラ》を墓地に送った場合、攻撃力2900になる。アタッカーとして申し分ない。

・《ブレイブ・シザー》《とろける赤き影》《怨念集合体》《予想GUY》


19/遊戯王/ブースター1/BOOSTER1/初期版/とろける赤き影/ 303

 通常モンスター3体。

 《ブレイブ・シザー》はマインド、《とろける赤き影》はクリーチャー、《怨念集合体》は怨念として扱う。

 どれもステータスが低いので、《予想GUY》で呼び出した後は、アドバンス召喚リリースや、シンクロ素材エクシーズ素材リンク素材に使う。

・《精神操作》《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

 相手モンスター1体のコントロールを得る魔法カード

 奪ったモンスターはリリースができないので、アドバンス召喚儀式召喚には使えないが、エクシーズリンク素材にすることはできる。

 《ヴェルテ・アナコンダ》は素材指定が効果モンスター2体と緩いので、大抵のモンスターはこれで処理できる筈。

・《使い捨て学習装置》《DNA改造手術》


遊戯王 使い捨て学習装置 ノーマル イグニッション・アサルト IGAS JP065 装備魔法

 《DNA改造手術》はスピリア精製工場である「セクター12」。

 《使い捨て学習装置》はそこの「実験体」。

 《DNA改造手術》で種族を変更することで得られるメリットだが、天使族を宣言すれば《トリアス・ヒエラルキア》の効果が使いやすくなり、魔法使い族を宣言すれば《ルーンアイズ》の融合召喚がしやすくなる。

 使い捨て学習装置》は、貴重な攻撃力の強化手段。序盤は大して強くないが、展開し切った後なら1000~2000くらいの強化が見込める。《団結の力》の方がいいとか言ってはいけない

・《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《副話術士クララ&ルーシカ》


遊戯王/ミレニアム・アイズ・サクリファイス(ウルトラレア)/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-

 融合モンスター2体とリンクモンスター1体。

 《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》は、《パラサイト・フュージョナー》と効果モンスターの組み合わせ、《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》は、《パラサイト・フュージョナー》と魔法使い族の組み合わせで融合召喚できる。

 《副話術士クララ&ルーシカ》は、通常召喚したモンスター魔法使い族に変換できるので、《黒魔族復活の棺》の発動や、《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の融合召喚をサポートできる。ただし、レベルを持たないので、《ルーンアイズ》の効果が使えなくなることには注意。

・《旧神ヌトス》《虹光の宣告者》

 どちらも墓地に送られることで効果を発動できる天使族モンスター

 《宣告者の神巫》ならEXデッキから直接墓地に落とせるので、フィールドのカードを破壊したい時は《ヌトス》、儀式モンスター儀式魔法をサーチしたい時は《虹光の宣告者》を選ぶ。

・《LL―アセンブリー・ナイチンゲール》《ダイガスタ・エメラル》《外神ナイアルラ》


外神ナイアルラ レア 遊戯王 エクストラパック ナイツ・オブ・オーダー ep14-jp043

 エクシーズモンスター3体。この中でデスピリアの世界観に相応しいのは《ナイアルラ》だけ。

 それぞれの使い方だが、《アセンブリー・ナイチンゲール》は複数回直接攻撃できる効果を持ったモンスターなので、《ガーディアンの力》が手札にあるなら迷わず装備させる。

 《ダイガスタ・エメラル》は墓地のモンスターを回収できるし、効果を持たないモンスターの蘇生ができるので、《チャクラ》を蘇生して、《リンクメイル・デーモン》の召喚をサポートしたりできる。

 ナイアルラ》は守備力が高いので単純に壁に使ったり、属性と種族を変更して、融合召喚の素材として使ったりするのが良い。

サイドについて

 

 《レクンガ》《ゴーゴン・エッグ》《メガソニック・アイ》《オルターガイスト・シルキタス》はマインド


【遊戯王シングルカード】 《エキスパート・エディション2》 レクンガ レア ee2-jp027


遊戯王カード ゴーゴン・エッグ ノーマル *125-007


遊戯王OCG メガソニック・アイ ウルトラシークレットレア


オルターガイスト・シルキタス ノーマル 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp013

 順に、リングリンガヒュプヤンバナハスに似ている。

 

 《ドッペルゲンガー》はクリーチャー


【遊戯王シングルカード】 《デュエルターミナル エクシーズ始動》 ドッペルゲンガー ノーマル dt12-jp009

 リバース効果でセットされている魔法・罠を2枚破壊してくれるが、必ず2枚破壊しなくてはならないので、場合によっては自分のカードも被害を受ける。

 

 《サイファー・スカウター》は、主人公が所属する組織である教会機動部隊


遊戯王カード 【 サイファー・スカウター 】 SD18-JP010-N 《ストラクチャーデッキ-マシンナーズ・コマンド》

 戦士族と戦闘を行う時に攻守が2000もアップするので、《DNA改造手術》と組み合わせればかなり強力。だがあちらを引けなければ弱いので、戦士族の多いデッキと戦う時に入れた方が良い。

 

 《精神寄生体》と《穿孔虫》は、どちらも人工線虫


遊戯王 精神寄生体 ノーマル BE01 ビギナーズエディション1 遊戯王カード


遊戯王 穿孔虫 ノーマル BE01 ビギナーズエディション1 遊戯王カード

 見た目は良いが、どちらも効果が弱いので、メインデッキには入れられない。

 

 《モンスター・アイ》《念動増幅装置》《零式魔導粉砕機》の3枚は、メインデッキに《融合》と《DNA改造手術》が入っているので、無限ループコンボが使えると思って入れたもの。コンボに必要な枚数が多い為、結局、安定せず抜いたが、一応、残しておいた。

 

 《邪狂神の使い》は、教会に仇なす異端達もしくはクリーチャー


遊戯王カード 【 邪狂神の使い 】 EXP2-JP006-N 《 エクストラパックVol.2 》

 悪魔族ではなく、意外にも魔法使い族。かなりデスピリアっぽいデザインのモンスターなので気に入っているが、効果が墓地の闇属性を除外して守備力を上げるだけなので弱い。

 

 《精神汚染》《オールド・マインド》《マインド・ハック》は、名前がデスピリアに合ってるので、一応、用意しておいた。


【シングルカード】遊戯王 マインド・ハック RDS-JP054 ノーマル

 どれも使えないことはないが、他のカードと比べると見劣りしてしまう。

 《精神操作》《マインドクラッシュ》《マインド・オン・エア》で十分だと思う。

 

デッキを作ってみて……

 このデッキを作る為に古いカードのイラストを調べまくりました。

 昔の遊戯王の方がデスピリアの世界観に合うんですよね。

 ぶっちゃけ最初は《マインド・オン・エア》と《マインドクラッシュ》しか思い付いてなかったので、《チャクラ》や《聖女ジャンヌ》などが見つかって良かったです。

 強化については、今後、グロテスクなカードが出たらなので、いつになるかは分かりません。グロいイラストは海外に期待かな。