ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

アニメ「出会って5秒でバトル」第12話 感想

今回の内容

アニメ出会って秒でバトル」の第12魔術師の感想です。ややネタバレ注意。

今回のアニメ感想担当 異端のネシオ」「異常性クラスメート編より――

天瞑あまくら 幽鵡かすむ」「三ツ矢みつや くくる」「古場こば 静良せいら」「霜之口しものぐち 亥鷺いさぎ」「竜胆りんどう うず」「DD」「カリン」の7人。

出会って5秒でXXX⑫

 

さぁ、今日は遂に「出会って秒でパコる」の最終回! 良い子の皆はちゃんと精通できたかな!?

流石にまだ皮被ってるドリチン君はいないでしょ。あれだけオカズを提供したんだから。

これで風俗客が増えるね。

やったね! たえちゃん!

おいおい……。そんな打算があったのかよ……。

成程な。俺達はまんまと使われた訳だ。そしてコン〇ームみたいに捨てられる。

それは心外だな。勿論、後でお礼はするよ。たっぷりとね。

お礼だと?

詳細はアニメの後でね~。

第12話視聴開始

 拳と拳がぶつかり合い、砕け散る腕の骨――。

 自分の左腕を犠牲にし、大神の腕を道連れにする作戦に出た優利

 これで五分――かと思いきや、大神あの頃の痛み以外何も感じないと言い、また優利に拳を放つ。

 しかし、どれだけ打っても、何故か彼女は自分と同じように倒れず……

大神てめぇも痛みを感じねぇのか……?

優利痛いに決まってるだろ……!

 

優利ちゃん大神君の戦い、遂に本番だね。

あーあー、まだ濡れてないのにいきなり挿入しちゃって……、優利ちゃん痛がってるじゃん。

童貞が無理矢理処女奪ったみたいで草。

お前ら頼むから画面を見てくれ……。

私達は人間だから

 優利痛みから逃げてるだけじゃないのと言われた大神は、図星を突かれたように胸を押さえる。

 そんな彼に対し、優利は、あんたなんかに負けてたまるかと叫び、再び拳と拳を衝突させ、彼を追い込む。

 助けることはできない――ならせめて終わらせてやる

 優利はそう言って、痛みで動くことのできない大神の胸に、トドメの一撃を放つのだった。

 

調子に乗った童貞君に怒りの鉄拳制裁。これで決まったね。

あれじゃあ肋骨はめちゃめちゃだろう。

んー? その割には大神の体に大した衝撃が無いように見えるが、ほんとに効いたのか?

いや~、ここで倒れてくんねぇと優利ちゃん厳しいぞ。

封印されし優利

 突然、身体能力5倍化の能力が消え、大神の反撃により深手を負ってしまう優利

 落ちた端末からは、赤チームの誰かが50ポイント優利の能力を封印したとの声が聞こえてくる。

 そう、黒岩はまだ生きていた。

 彼は死ぬ前に、最後の力で隠し持っていた本物の端末を操作したのだった……!

黒岩最後の化かし合いは俺の勝ちだ。お前も勝てよ……イチ……。

 

えー! 何それぇ!

やられたな。の圧勝かと思ったが……。

慢心してたのはこっちもだったな。

かたき討ち

 優利の危機を悟り、すぐにシャウトを発動し、大神に呼びかける

 彼は自分がだと明かし、1対1での決着を呑まなければ、黒岩を殺し姿を消すと脅す。

 だが、黒岩のことをよく知る大神は、あいつが戦いの邪魔をする筈ねぇと言い、との駆け引きを嫌う。

 俺達の王国を作る――それ以外はどうだっていい……。

 彼は黒岩とした約束のことを思い出し、感傷に浸った後、かたき討ちという理由で啓の提案を呑むのだった。

 

危ねぇ……断られるかと思ったぜ。

二人で王国を作る夢はもう叶わないと知って、生きる目的が復讐しかなくなった……。可哀想な奴だ。

さぁ、もう彼を楽にしてあげようよ。

最後の能力

 約束通り、1対1の状況となり、出会って5秒でバトルを開始――

 大神身体能力を5倍化し、拳を振り被り突っ込んでくる。

 しかし、こうなった時点で、既に勝負はついていた。

 この王様狩りに終止符を打つ最後の能力――

 あらかじめ優利と特訓し完成させていた技を、は全力で放つのだった。

身体能力……10倍の一撃!!

 

まぁ~、勝てる道理はないでしょう。

当然、対策してるわな。

もうおっきして来ないでね。

最後の頼み

 気を失う前に、俺の傷を見て思い出したってガキ、何とかしてやってくれと、優利に伝えるように頼む大神

 彼が倒れると、ようやく魅音王様狩りの終了を宣言し、緑チームの勝利が確定する。

 これで長かった3rdプログラムもお終いか……。

 相棒である優利と拳を突き合わせ、心無い発言をしたことを謝るのだった。

優利信じてたよ。

 

言えたじゃねぇか……。

仲直りできて良かったねぇ。ヒロインレースはやっぱり優利ちゃんの勝ちかな。

深まっちゃったねぇ、絆。

りんごちゃんは愛人にでもすりゃあいい。似合ってるしな。

万年青 伊織の謎

 エストの王として、魅音最後の仕事を頼まれたは、に向かう道中、青チームのリーダーである万年青 伊織と遭遇する。

 彼に「全部を見た」――そう言われて動揺し、何を見られたのか能力は何かと、疲れた頭で必死に考える

 だが、万年青に心の内を見透かされ、大砲の能力によって撃たれてしまう。

 彼の目的とは一体……。

万年青この手で魅音を殺すこと。君にはその手助けをしてもらう。

 

何だ今の演出……。と似てたな。

つーことは、同じ能力か。それはミスリードでガチのトレースか……。

一応、啓君と目的は一緒みたいだけど……。

同じケツの穴の狢ってやつかもね。

はっ……! だからあいつ優利ちゃんを狙ってたの……!?

女の好みまで一緒たあ、修羅場の匂いが濃くなってきたじゃねぇか。

ゲームがしたい……

 4thプログラムでまた会おうと言って、去っていく万年青の姿を見たのを最後に、気を失った

 彼が次に目を覚ますと、そこは自宅のベッドの上だった。

 しかし、決してあの戦いは夢オチではない。腕にはリングの代わりの痣が付いている。

 そう、次のゲーム――4thプログラムの舞台となるのは、この東京――

 優利は、約束の場所で再び出会うのだった。


第12話 最後の能力

続けよう、このゲームを。

 

出会って5秒でハグる優利ちゃん。だ、大胆……。

戻ってきたってことは、りりあとは会えたのかな。

そうだと思うけど、ゲームが終わってないならまだ安心できないね。

こ……ここは啓君が守って姉妹丼展開を……。

う~ん、戦い激化しそうだし……、巻き込まない方がいいんじゃないか?

第12話終了

 

よーし、アニメ終わったね。それじゃあ、配りまーす!

ん、その箱……。生理用品が入ってるんじゃなかったのか?

ふふふ。実はそれだけじゃなく……ちゃんと皆へのプレゼントも入ってたんだよ。

はい。カスム君ククル君にはこれ。トロピカル・クィーンの無料券とコン〇ーム一年分。

えっ。ちょっ――

そして女の子達にはこれ。現金10万円と避妊薬一年分。

金だ!

いらねーな、そんなモン。

遠慮しないでよぉ、セイラちゃん。受け取らないならゴミになっちゃうよ?

チッ……仕方ねぇ……。冷禍れいかに配るか……。

それじゃあ、ヤることヤったし解散だね! 今度は「終末のハーレム」のアニメ感想で会おうね、皆!

おっ、遂に禁断に手を出すか。

俺は行かないからな……。