ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season」第4話 感想

今回の内容

アニメ 2nd Season」の第4」の感想です。ややネタバレ注意。

今回のアニメ感想担当 異端のネシオ』「異常性クラスメート編より――

天瞑あまくら 幽鵡かすむ」「菊池きくち がい」「落花おちばな 千々莅ちぢり」「前橋まえばし 総屋そうや」の4人。

ナンバー0

 
豪華客船ゴールデンクロス内・劇場

 

ん~、後30分で俺達の特別試験も開始か……。もう1回ルールを確認しておきたいな……。

 
色分けされた9つのチーム。
お前達の色は「」。

 

 
各チームのメンバーにはそれぞれ0~9の数字の内、いずれかが与えられている。
他のチームのメンバーの数字を当てたチームは、1人につき、+5000ポイント。外した場合はー5000ポイント。チーム全員の合計数字を当てた場合は+10000ポイント。外した場合はー10000ポイント。全体の合計数字を当てた場合は+100000ポイント。外した場合はー100000。

 

 
数字のルール①
全く同じ組み合わせのチームは存在しない。

 

 
数字のルール②
偶数と奇数の割合は全体で同じ。

 

 
数字のルール③
同じ部屋にいる人間の数字根が端末に表示される(廊下も含む)。

 

クラスの人数は38。偶数と奇数の割合が同じなら、どっちも19だな。

う~ん、一応、異能暴力は禁止されてるから圧倒される心配は無さそうだけど、不安だな。この時点でもっと分かることがあったりしないか?

あるぞ。0が特殊な数字であることは伝えただろう? そこからもっと考えられることがある筈だ。

ん? 全てのチームに0は一人以上存在するってか?

そうか、公平性か。アニメもちゃんとヒントになってるんだな。

まぁ確かめる必要はあるが、もしそうなら偶数19の内、9個は0ってことになる。

ククク、そこまでは一瞬で分かってようやくスタートラインだな。俺ならもっと絞り込めるが。

何?

第4話視聴開始

 夏休み明け――カフェに集まり、船上特別試験の復習を行う平田達

 彼らは太陽系惑星の順番と割り振られた生徒達の名字が、優待者を探し出す鍵だということに気付き、試験中に法則に辿り着いた龍園疑問を抱いていた。

 一体あの特別試験の裏で何が行われていたのかCクラスのミスも気がかり。

 負けん気の強い堀北は、今後の試験の対策の為、クラスメート達との繋がりを重要視し始める。

綾小路そう、孤独の戦いには限界がある。

 

確かに限界はある。だが、たった一人で大軍を壊滅させた時の愉悦は射精の快楽に匹敵する。本当に能力がある奴は一人でも構わない。

クハハ……! 分かるぜ、その気持ち。チート無双は自分でやる分には楽しいよなぁ。

おい! それよりCクラスがミスしたってのは何のことだ?

さぁ? もしかして優待者当てを間違えたってことか? でもそれだとポイントがますます合わないような……。

ククク、もしミスではないとしたら、何らかの取引があったと考えるべきだろうな。

取引……。それって……

地獄の体育祭~準備期間~


人材は作り出す必要がある。

 疑問は解消されぬまま、綾小路達の元に次なる行事の知らせがもたらされる。

 それは秋の名物、体育祭――

 競技の結果は良くも悪くも次の筆記試験に影響するもので、生徒達からは次々と歓喜の声や悲鳴が上がる。

 

うわ、何だ? また細かくルールが書いてあるぞ。見れなかった……。

競技も多いみたいだし、本格的だな……。重要なのは、誰をどの競技にどの順番で参加させるか……。

はぁ……。味方が船の特別試験でやらかしたAクラスとか終わってんな。坂柳もまた不参加だろうし、2年、3年に期待するしかないか。

ククク、3年には堀北の兄がいるな。

そうか、あの人が味方か……。

暗躍する綾小路

 体育祭での方針を決めるクラス会議にて、こっそり軽井沢メッセージを送り、堀北と争わせた綾小路

 今度は一体何を企んでいるのか……

 軽井沢は綾小路の考えを知りたがるが、答える気はないようで、代わりに今度の体育祭でクラスから裏切り者が出ると教え、去っていく。

 既に布石は打ってあるとのことだが……。

 

えぇ……。何か綾小路、冷たくなってきてないか?

ククク……そりゃ、茶柱に脅されてる訳だから内心イライラだろう。施設から逃げ、自由に過ごす筈が、他人の夢の実現に協力させられている。

DをAに上げるだったな。

マジで最初の一ヶ月で1000を0にまで減らしたの痛過ぎるだろ。

堀北 鈴音の問題

 体力測定も終わり、競技の練習に励む生徒達

 そこで綾小路は、またクラスメートとの間に不和を生みかけている堀北の姿を目にし、二人三脚で少しばかり教育を施す。

 相手に合わせることの重要性――

 もし彼女がここで譲歩することを覚えなければ、この体育祭だけでなく、今後の特別試験で勝つことは難しくなる。

 落ち込む堀北に、綾小路は続けて驚きの情報をもたらす。

綾小路地球グループの裏切り者は櫛田だ。

 

は? 何言ってんだ? 地球グループは結果1で終わったし、櫛田優待者だろ。

待て待て、オチバナ。恐らく意味が違う。

意味?

成程な。龍園と取引したか……。恐らくこの体育祭で出る裏切り者というのも……。

ちょっ……大人しくしてるなと思ってたらなんてことを……。

第4話終了

 

さて、今回も微妙な出来でファンには辛い30分だったな。ところでお前ら知ってるか? ツイッターでこんなお知らせが出てたこと。

は? 何だって? マジでプロの仕事じゃねーな。舐めてんのか?

ククク。散々宣伝に力を入れておいて粗悪品を出す度胸は中々面白いよな。当然、各所からリンチに遭う覚悟はできてるだろう。遠慮する必要はないぞ。正直な気持ちを教えてくれ。

ロケットランチャーを撃ち込みたい。

待てよお前ら。マジでギリギリの状態で作ってるみたいだし、今回は事前に謝ったんだから……

許せる訳ねーだろ。毎回問題起こさなきゃ気が済まないのか。特番もクソみたいな企画でしらけさせてきたりよ。

あれは酷かったな。ま、スタッフの飯が質素ってことが本当なら相当追い詰められているのかもな。SOSだったのかもしれん。

3期を作る体力は残っているのか……?