ネシオのブログ

ネシオのブログです。興味のあるゲームやアニメ、漫画や映画のことを書いています。オリジナル作品の制作日記も公開中。

ネシオのブログ

MENU

アニメ「プラチナエンド」第1話 感想

今回の内容

アニメプラチナエンド」の第1天使の贈り物」の感想です。ややネタバレ注意。

今回のアニメ感想担当  異端のネシオ」「異常性クラスメート編より――

写楽しゃらく 益実ますみ」「死瑪しば 遊餓ゆうが」「落花おちばな 千々莅ちぢり」「億卍おくまんじ 解俸かいほう」「十銭じゅっせん」「吊場つるば 茘棲花りすか」の6人。

悪魔からの贈り物

 

あっ、皆さん、たんもしのアニメ感想お疲れ様っす。もう休憩は済んだっすか?

まだ疲れは取れてないけどな。早く口直しさせてくれ。

ハードと聞いてワクワクしてるよ。血ブシャアの供給が足りない……! 血ブシャア見せて!

(カタカタカタカタ……)

…………。

まぁ、あんまり期待しないでおくけどさ。

お前は誰なんだ? キクチはどうした?

あれ? もしかして分からないっすか?

写楽だろ。何だ。最近、イメチェン流行ってんのか?

はは。まぁそんなところっす。キクチさんは他のメンバーと別のアニメ感想をしてるので、こっちの管理は私の担当なんす。

先に言っておくっすけど、ここでも真面目に感想をしない怠け者にはペナルティが与えられるっすから、気を付けるっすよ。

委細承知――。

十銭。硬過ぎだ。この場はもう少し肩の力を抜いて構わん。

しかし……。自分、硬貨なものですから。十円である以上、百円になることなど……。

何だ。全然問題無さそうっすね。それじゃ、『プラチナエンド』の上映、始めるっすよ。

第1話視聴開始

 人は誰しも幸せになる為に生まれ――

 人は誰しも幸せになる為に生きている――

 家族の死から始まった、虐待やいじめの日々に苦しむ中学三年生の少年――架橋かけはし 明日みらいは、生きることに疲れ果て、卒業式の日、マンションの屋上から飛び降り自殺を図る。

 しかし、後少しで死ねるというところで、自分を幸せにしにやってきたという天使――ナッセに命を救われ、半ば強引に生きる希望を押し付けられてしまう。

 自由――幸せになる為の力とは……。

 

あうぅ……。も……もう少しでぐちゃぐちゃになったのに。凄く残念です。

ならなくて良かったよ。好き勝手やられて、復讐せずに死ぬなんて、俺なら御免だからな。

でも良いのかよ。今回も相棒は女だぞ。

は? 天使には性別が無いだろ。

あ、セーフなんすね。てっきりまた暴言吐き散らかすかと期待してたんすけど。

命を救ってくれた上に、すげぇパワー授けてくれるんだぜ、感謝しかないだろ。

いえ、タダより高いものはない……と言いますよ。重い代償を支払うことにならなければ良いのですが。

しかし、一度命を捨てた時点で、選択肢は無いようなものだ。

翼と矢

 自由を手に入れる為の白い翼と、愛を手に入れる為の赤い矢

 両方を与えられた主人公は、その力で空を飛び回り、あまりの気持ち良さに感動し、涙を流す。

 そして、子どもの頃――親しくしていた女の子のことを思い出すのだった。

 

あの女の子……。初恋の相手っすかね。同じ中学に通ってたみたいっす。

そうですか、子どもの頃にクローバーをプレゼント……。あれは確か「幸運」の花言葉を持ち、「天使のラッパ」とも呼ばれるものですね。

ん? あたしは「復讐」で記憶してるけどな。

復讐……裏切った時は逆に力が働くって話か……。他にも四葉を十字架に見立てるなど、色んな解釈があった筈だ。

愛が重いねぇ!

いや、ガキの頃にそんなの頭に無いだろ……。

天使様は見てる


天使の贈り物

 見えない速さで飛べて、何でもバレずに盗むことができるという翼に、射抜いた相手の心を奪う矢……。

 まるで悪魔の力だと明日は言うが、ナッセ天使も悪魔も見たことが無い癖にと笑い、悪魔は実在せず、いるとすれば人の心の中だけだと教える。

 そしてその流れで、彼女は明日の家族を殺したのは彼を引き取った人間達であるという、とんでもない事実を暴露するのだった。

 

おおっ、特ダネ情報ゲットじゃないっすか!

ベタベタな真相だな……。まぁ、分かりやすいし、共感しやすいから良いんだろうけど。

するとやはり、目的はお金でしょうか。

そうだろうな。人間万事金の世の中、愛や正義で動く人間はほんの一握り。だから俺は金の力で世界を正しい方向へ導こうとしている。

あたしは金だけじゃ動かせねーぞ……!

いや、気付いていないだけでお前は既にコントロールされている。裏とはいえ、社会の中で生きている以上、神の見えざる手からは逃れることなどできない。

悪魔達

 天使の話を確かめるべく、赤の矢叔母を射抜き、車の爆発事故の真相を知った明日

 目当て財産保険金――全部金の為……。

 彼は目の前で醜い争い始めた叔父叔母を見て、思わず叫ぶ。

 死んだ方が良いのは、叔母さん達の方じゃないかと――

 

すげーな。ミツヤの能力の上位互換だ。

欲しいのか?

いや、こんなの気持ち悪過ぎて使いたくねーよ。

恋は盲目……という訳ですか。これでは社会が崩壊し兼ねませんね。

戻す方法が無いなら、使用はほどほどにした方が良いだろうな。

あたしもいらないな……。こんな能力あったら最強の殺し屋になっちまうし。今でも最強だけどな。

口は災いの元

 明日の不用意な発言が引き金となり、叔母が自分の首を切り裂き、自殺してしまう

 ナッセが言うには、死んで詫びなきゃならないほどのことをした場合はこうなるらしい。

 焦った明日は急いで救急車を呼ぼうとするが、ナッセにもう死んでると言われ、次の瞬間――目の前で魂が天に運ばれていく光景を見て、放心するのだった。

 

血ブシャー来たあぁぁぁぁ!! あの汚い女の血だまりの中でバシャバシャしたいぃぃ!

因果応報ですね。

そして天使のお迎えか……。こんなの、実際に見たら笑う自信あるぞ。

笑撃のシーンってやつっすねぇ。写真に写らないのが残念っす。

自分は生きている

 目の前で起きた死のショックで、生を実感した明日

 彼は「幸せに生きてほしい」という母親の言葉を思い出し、これまで自分がやってきたことを激しく後悔する。

 死んだら幸せになれないのに、何をやってきたんだと――

 そして、死んだ家族の分まで幸せになると決意した彼は、ナッセに初めて、「幸せになりたい」と言うのだった。

 

さて……、2万、3万と年間自殺してるのに、明日だけ贔屓されるのには、どんな理由があるんだろうな?

天使も人手不足なんすかねぇ。

はぁ……。契約書を読まずにサインしたような状況……頭が痛くなります。

…………。

神候補

 天使の能力を手に入れても、「普通の幸せ」を望む明日

 彼は赤の矢の力ホテルに泊まりながら、これからのことを考える。

 しかし、そんな時、ナッセ言い忘れていたと言って、またとんでもないことを言い始めるのだった。

 人を殺せる白い矢の存在に、13人の神候補――

 今行われているのは、新しい神を決める為の戦いだと――

 

あぁぁぁぁあああ! それってデスゲームだぁ!

ほぅ……。聞き捨てならないな。

早速、変なスーツ着た変態が一人殺したぜ。残りは12人か?

待て。新しい神……。それが誕生するということは、まさか世界が新しく作り直されるんじゃないだろうな。

やはり、事情を聞かずに力を受け取ったのは間違いだったようですね。断ることはできなかったかもしれませんが……。

第1話終了

 

ふむふむ……。神候補は生きる希望を無くした者達の中から選ばれるそうで、全員日本国内にいるそうっす。どんな戦いが繰り広げられるか、これから楽しみっすね。

生きる希望を無くした……? それはまさか、弱者の苦しみが分かるからとかいうアホな理由じゃないだろうな。アホが神になったら責任取れんのか?

神の考えは分かりませんね。

ところで、神になったら何ができるの?

松田に撃たれて死ねるかもな。

え!? ほんとに!? 感激だよぉ……。あの怒りに任せた乱射……私も喰らいたい。

はぁ……。そう言えば、『DEATH NOTE』と同じ作者の作品だったな。

今回、主人公の叫ぶシーンとか、ヤガみを感じたよね。

あれ、強引過ぎて引いたわ。1話からやるなよ。

はいはいっす。そんな『プラチナエンド』は連続2クール放送っすよ。

なげーな、オイ……。